「キャリコネ」の削除請求について

ABOUTこの記事をかいた人

弁護士船越 雄一

弁護士法人戸田総合法律事務所パートナー。
ネット風評被害対策、労務管理の案件を中心に取り扱っています。 著作【「ブラック企業」と呼ばせない!労務管理・風評対策Q&A】

削除請求先はどこ?

就職・就活に役立つ情報を提供するサイトとして運営されている「キャリコネ」というサイトがあります。

このサイトは、株式会社グローバルウェイという会社によって運営されており、この会社に削除請求することになります。

「キャリコネ」は、「転職会議」や「カイシャの評判」などと同じように、投稿者への直接の削除請求はできないため、運営会社に対して削除請求することになります。削除請求するにあたっては、「キャリコネ」において、削除依頼フォームが用意されておりますので、そちらに必要事項を入力し、削除請求することができます。

削除請求に対する対応状況は?

「キャリコネ」は、削除請求に対する対応は迅速に行われ、削除請求に対してしっかりと回答をしてくれるサイトです。

ただ、削除すべきか否かの判断は、厳しく審査されています。例えば投稿内容が事実無根であるという内容で削除請求を行う場合には、その事実無根の個所について、根拠づける資料の提供を求められます。

資料が必要な箇所については、運営者からの回答で具体的に指摘されることがあるため、もし最初の削除請求時の資料に不足があった場合にも、追加で資料を提供することで、再度審査してくれます。もっとも、できる限り早く削除してほしいという場合には、最初の削除請求時に必要十分な資料を提供することが大切です。

そして、運営会社が、提供された資料を確認し、削除すべきとの判断に至れば、適切に削除されます。

資料に基づいた丁寧な削除請求が必要です

投稿内容によっては、特段資料が無くても削除に至るケースもあるかもしれませんが、基本的に「キャリコネ」については、前述のとおり、しっかりとした資料に基づいて削除請求をする必要があります。

具体的に事実無根の個所を明示したうえで、どのように事実と異なるのか、資料の関係個所と照らし合わせながら削除請求するほうが良いでしょう。資料との対応関係を丁寧に記載することで、運営会社側でも確認すべき箇所がわかりやすくなり、その分削除対応となる場合の処置は早くなると思います。

もっとも、一口に事実無根であるといっても、それを根拠づける資料としてどのようなものが考えられ、根拠として充分であるのかなど、なかなか判断に困ることがあるかと思います。

当事務所では、数多くの削除請求案件を扱っており、当然「キャリコネ」についても対応実績がございますので、削除請求可能性の判断や必要資料のご案内もスピーディーに行うことができます。

「キャリコネ」について、削除請求をしたいけどどうしたらいいかわからないので弁護士に任せたいという方は、是非お問い合わせください。

「キャリコネ」に関する削除請求費用は、対象の投稿数によって増額となる場合がありますが、通常、以下の費用(着手金)で承っております。

〇裁判手続きを利用しない場合:¥50,000(税別)

〇裁判手続きによる場合:¥200,000(税別)

※※上記削除請求については成功報酬を頂戴しておりません。情報開示請求も併せて行う場合には、いずれも¥50,000の増額となります。


無料相談の申込はこちらから


弁護士延時千鶴子
お電話もしくはウェブフォームからお気軽にご相談ください。
被害を受けた方からの相談は無料です。専門の弁護士が解決策をご提案いたします。