「マンションコミュニティ」、「e戸建て」の削除請求について

ABOUTこの記事をかいた人

弁護士船越 雄一

弁護士法人戸田総合法律事務所パートナー。
ネット風評被害対策、労務管理の案件を中心に取り扱っています。 著作【「ブラック企業」と呼ばせない!労務管理・風評対策Q&A】

削除請求先はどこ?

マンションコミュニティ」は、マンション購入検討者を応援する口コミ掲示板サイトで、「e戸建て」は、一戸建て購入検討者を応援する口コミ掲示板サイトです。非常に多くの、様々な口コミがなされています。

この2つのサイトは、いずれもミクル株式会社が運営しているサイトです。

「マンションコミュニティ」、「e戸建て」に関する削除請求については、両サイト内の各投稿に「削除依頼」ボタンが用意されていますので、そちらから削除請求することができます。

また、上記運営会社であるミクル株式会社に対して、書面により削除請求することも可能です。

削除請求に対する対応状況は?

「削除依頼」ボタンからの削除請求

各サイトのお問い合わせページを確認しますと、基本的には、「削除依頼」ボタンからの削除請求を求めており、ここから削除請求するのが対応としては一番早いようです。

もっとも、削除を行うべき根拠が確認できないような場合には削除されず、削除されない理由等の連絡もないようです。

このような対応状況を踏まえますと、以下のような場合には、「削除依頼」ボタンからの削除を行うことも有効であろうと思います。

①事実無根であるか否かを問わないレベルの明らかな誹謗中傷、プライバシー侵害の情報などの削除すべきか判断するにあたって根拠も必要ないような投稿がなされているとき

②とにかく早急に削除してもらいたい投稿がなされているとき

「削除依頼」ボタンからの削除を行ったのち、数日経過しても削除されないというような場合には、運営会社において、根拠不十分という判断かと思います。

書面による削除請求

「削除依頼」ボタンでの削除請求では削除されなかった場合には、改めて、事実無根の箇所を根拠づけるような資料を付して書面にて削除請求を行う必要があります。また、資料が無ければ事実か否か判断が難しい投稿など、最初から資料を付して書面による削除請求を行う方がスムーズという場合もあるでしょう。

「マンションコミュニティ」、「e戸建て」ともに、削除請求に応じることも比較的多いですが、そもそも投稿内容が社会的評価を低下させるものであるのか疑義があるような投稿など、資料を付しても削除に至らないケースもあります。

また、削除となっても投稿中の一部を削除するという部分削除を行う場合もあります。

削除対応されないような場合にはご相談を

前記のとおり、早急な削除を求めるような場合には、「削除依頼」ボタンからの削除請求を試みるのも有効かと思います。

もっとも、事実関係がかなり具体的に記載されている投稿など、事実かどうか判断するのに資料を要するような場合には、書面による削除請求を検討されるべきかと思います。

そのような場合には、削除請求の書面作成、必要な資料の選別など様々労力のかかる作業が必要となり、専門的な判断を要する場合もありますので、当事務所に一度ご相談いただければ幸いです。

「マンションコミュニティ」、「e戸建て」に関する削除請求費用は、対象の投稿数によって増額となる場合がありますが、通常、以下の費用(着手金)で承っております。

〇裁判手続きを利用しない場合:¥50,000(税別)

〇裁判手続きによる場合:¥200,000(税別)

※上記削除請求については成功報酬を頂戴しておりません。情報開示請求も併せて行う場合には、いずれも¥50,000の増額となります。


無料相談の申込はこちらから


弁護士延時千鶴子
お電話もしくはウェブフォームからお気軽にご相談ください。
被害を受けた方からの相談は無料です。専門の弁護士が解決策をご提案いたします。