「Bing」に関する削除請求について

ABOUTこの記事をかいた人

弁護士船越 雄一

弁護士法人戸田総合法律事務所パートナー。
ネット風評被害対策、労務管理の案件を中心に取り扱っています。 著作【「ブラック企業」と呼ばせない!労務管理・風評対策Q&A】

Bingの検索結果は、GoogleやYahooとは異なる

日本でインターネット上の検索で用いられている検索エンジンで有名なものには、GoogleやYahooのほかに、Bingがあります。最近では、「Windows 10」に移行して「Microsoft Edge」というブラウザーが用意されたことにより、Bing利用者も増えているのではないかと思います。

検索エンジンによって検索されるサイトも異なるのですが、Yahoo(Yahoo JAPAN)は、ウェブ検索などでGoogleの検索エンジンを利用しているため、検索されるサイトもほぼ同じとなっています。

他方、Bingの検索は、Googleとは違う独自の検索エンジンを用いており、検索されるサイトも異なります(当然ですが、同じものが検索されることはあります)。

そうしますと、例えばあるサイトの投稿やサイト自体を削除した場合に、Google検索結果からキャッシュの削除を行っても、Bingには影響を与えないため、なおもBingでは検索されるということがあります。そのため、削除されたサイトがなおも検索される場合には、Bing上では別途キャッシュの削除申請する必要があります。

検索キーワードも異なる

検索結果だけでなく、検索キーワードも異なります。Googleでは、検索キーワードに不適切な表示が出るのに、Bingには出てこないということはよくありますし、その逆もあります。

そして、実は、検索キーワードについては、Bingだけでなく、YahooとGoogleでも異なるため、それぞれ対応する必要があります。

したがいまして、インターネット上の不適切な情報などを調査する場合、検索キーワードについてはそれぞれの検索エンジン上にて調査する必要がありますので、ご注意ください。

Bingのキャッシュの削除や検索キーワードの削除請求も可能

GoogleやYahooに関しましては、当事務所の他の記事でもご紹介しているとおり、キャッシュの削除請求だけでなく、検索キーワードの削除請求も可能です。

同じように、Bingについても、キャッシュの削除請求、検索キーワードの削除請求が可能です。

どの検索エンジンについても、違法性のないキーワードは削除されない場合もありますが、気になるキーワードなどがあるときには一度ご相談ください。削除請求可能かどうかなどアドバイスさせていただきます。


無料相談の申込はこちらから


弁護士延時千鶴子
お電話もしくはウェブフォームからお気軽にご相談ください。
被害を受けた方からの相談は無料です。専門の弁護士が解決策をご提案いたします。