会社の掲示板を勝手に作成されない権利?

ABOUTこの記事をかいた人

弁護士松本 紘明

弁護士法人戸田総合法律事務所代表。
お客様のニーズをくみ取り、課題を解決できる具体的な方法をご提案するよう常に努めています。インターネット上のトラブルは初期対応が非常に重要ですので、少しでも不安に思うことがあれば是非お問い合わせ頂ければ幸いです。 

知らないサイトに無断で会社の掲示板?

会社経営者の方から掲示板にあるネガティブな投稿だけでなく掲示板そのものを削除してもらえないかというご相談をよくお受けします。

事実無根を投稿された会社の経営者からすれば、口コミを集積させる掲示板などそもそもない方が良いと考えることも理解できなくはありません。

掲示板そのものの削除

インターネット上の掲示板へ投稿を行うという行為は表現の自由として憲法上保障されています。

しかし、表現の自由といえども無制限にこれが認められるわけではなく、事実無根の誹謗中傷などは名誉毀損として表現を受けた側の権利も保護されなければなりません。そこで、これら権利間で調整が図られ、表現の自由が劣後すると考えられる場合には表現の自由として保障されている掲示板への投稿もときには削除されるべきであると判断されるのです。

このような考え方にたつと、会社の掲示板が存在しているだけでは名誉毀損などが成立する余地はなく、会社の権利は何ら侵害されていませんので、会社の削除請求は認められないという結論になります。したがいまして、会社経営者の方から掲示板そのものの削除請求をご相談頂いても結論としては困難であるとのご回答を差し上げざるを得ないのです。

もっとも、掲示板が存在するサイトの目的が専ら会社の権利を侵害するために作られたものである場合などには例外的に掲示板そのものの削除請求が認められる場合もあります。

 


無料相談の申込はこちらから

弁護士松本紘明
お電話もしくはウェブフォームからお気軽にご相談ください。
被害を受けた方からの相談は無料です。専門の弁護士が解決策をご提案いたします。