ケース・スタディ ネット権利侵害対応の実務-発信者情報開示請求と削除請求-

ABOUTこの記事をかいた人

弁護士法人 戸田総合法律事務所

インターネット・IT関連紛争をはじめとする高度情報化社会における諸問題の解決に専門的に取り組む法律事務所です。 ご相談・ご依頼は東京丸の内と埼玉県戸田市の2拠点にてお受けしております

弊所中澤佑一弁護士が、清水陽平弁護士、神田知宏弁護士とともに執筆した書籍、『ケース・スタディ ネット権利侵害対応の実務-発信者情報開示請求と削除請求-』(新日本法規)が出版されました。

同書は、インターネット上で発生した権利侵害に関する相談を受けた弁護士向けに、相談時の聴取事項や調査方法などの「相談フェーズ」と、相手方への請求や訴訟の手続などの「実際の業務フェーズ」を解説するケーススタディ形式により相談から解決までの具体的な手順を解説いたしました。

ケーススタディで取り上げた事例は、近時相談を受けることが多い典型的な事例から、最先端の議論が関わる先端的な事例まで網羅しております。

『インターネットにおける誹謗中傷法的対策マニュアル<第2版>』とともに是非ご利用ください。


無料相談の申込はこちらから


弁護士延時千鶴子
お電話もしくはウェブフォームからお気軽にご相談ください。
被害を受けた方からの相談は無料です。専門の弁護士が解決策をご提案いたします。